コーヒー界のレジェンド監修!自宅でこだわりの一杯を楽しめる全自動コーヒーメーカーが登場

COFFEE NEWS 2018.08.31

コーヒー界のレジェンドと呼ばれるカフェ・バッハの店主 田口護さんの監修を受けたコーヒーメーカーがTWINBIRD(ツインバード)から登場します。
デザインだけ見ても素敵!って感じなんですが、その機能も素敵!なのです。

まず今回のコーヒーメーカーの監修をした田口さんとはどのような方か、ということからご説明します。
田口さんは、1968年創業の東京の珈琲店、カフェ・バッハの店主。
実用的なコーヒーの本を多数出版され、コーヒー業界の発展に長年貢献されてきた方です。
多くの有名珈琲店の店主さん達の師匠でもあり、まさにコーヒーの第一人者です。
そんなコーヒーを熟知する方が監修したというコーヒーメーカー。
それでは、以下にこだわりの機能を紹介していきます。

 

まずは三段階から挽き目を選べる低速臼式フラットミル
コーヒー豆に合わせて、粗・中・細挽きを選べます。
今日はあっさりした味わいにしたいから粗挽きにする、なんてこともできちゃいます。

 

ミルの刃は取り外し可能で、水洗いもできるのでお手入れ簡単。

 

抽出温度はコーヒーを淹れるのにすごく重要。
このコーヒーメーカーはなんと83℃と90℃の二種類から温度を選ぶことができます。
焙煎度合や、焙煎してからの日数で、温度は変えるのが好ましいとされているので嬉しい機能。

 


抽出はペーパーフィルターを使用し、内向きのシャワー式ドリップを採用。全体に均一にお湯が行き渡ることでコーヒーの成分がまんべんなく抽出できます

 


一般的な全自動コーヒーメーカーはコーヒーの粉を入れる所やお湯を注ぐ所は見えませんが、このコーヒーメーカーはあえてドリップシャワー噴出口とドリッパーとの間に約2cmの隙間を設けました。これにより、コーヒー豆の挽きたての香りやコーヒーの粉の膨らむ様子などを楽しめるとのこと。つまりコーヒーメーカーなのに抽出過程も楽しめるということですね!

希望小売価格は54,000円(税込)で発売は2018年10月5日(金)
今回の発売に合わせてツインバードでは、クラウドファンディングを行い、本体を37,800円で購入できる他、バッハおすすめブレンド豆をもらえるなどの特典が盛り沢山!他にも様々なリターンがあるので是非チェックしてみてください。
ちなみにクラウドファンディングの開始は2018年9月1日(土)からです。

 

コーヒー初心者の方から淹れ方にこだわる方まで幅広い人を満足させてくれるマシン。
クオリティーの高いコーヒーを抽出過程も含めて楽しみたい人は必見のコーヒーメーカーです。

【TWINBIRD / 全自動コーヒーメーカー】
http://www.twinbird.jp/products/cmd457.html

【コーヒーレジェンドとTWINBIRDの挑戦!プロのハンドドリップを完全再現】
https://camp-fire.jp/projects/92599/preview?token=2coxqdgh

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。