【レビュー】これは便利すぎる!「oceanrich Gift」を使ってみました!

【レビュー】これは便利すぎる!「oceanrich Gift」を使ってみました!

COFFEE NEWS 2020.03.24

クラウドファンディングからローンチした話題の便利家電「oceanrich」より、
自動コーヒーミルと自動ドリッパーをセットにした「oceanrich Gift」のサンプルを頂きました!
実際に使ってみた使用感をお伝えできればと思います。

「oceanrich」の詳細記事はこちら
https://coffee-otaku.com/archives/tag/oceanrich

 

とにかくコンパクト

コーヒーミルもコーヒーメーカーも、どちらもとってもコンパクト。

500mlのペットボトルよりも小さくてカバンに入れて運べるので、
キャンプやコーヒー器具のない友人の家などに持って行けるのがいい!

コードレスが良い

コンパクトなうえにコードレス。
コーヒーミルはUSB充電、コーヒーメーカーは単4電池2本で、どこでも使えるんです。

誰でも扱いやすい

 

●まずはコーヒーミルから

   分解するとこんなかんじ。左から時計回りにガラスコンテナ、本体、セラミック歯ユニット、キャップ。


付属品も、左から時計回りに滑り止めシート、クリーニングブラシ、メジャースプーン、充電用USBケーブルが入っています。

メジャースプーンに…クリップ??がついていますね。

付属のスプーン1杯の豆が、ちょうどコーヒー1杯分。一度に2杯分まで挽くことが出来ます。

珈琲豆を入れたらミルをカチッと本体にセットし、挽目はメモリ1〜5段階で選びます。

挽目を合わせたら、前のスイッチをオン!
思っていたよりも静かな音でよいですねー。

   

私の好きなポイント言ってもいいでしょうか?
挽き終わったら自動で止まってくれるんです。
小さいのにとってもお利口さんだなぁ。

さらに、好きなポイント言ってもいいでしょうか?
挽き終わったコーヒーをすぐに使わないという時に
ミルの上部にある蓋をガラスコンテナに装着し保存容器としても使えるんです。

他にも、スプーンにクリップが付いているのもポイントが高い。
珈琲豆を測ったあとの珈琲豆の袋をすぐに留めておける。
クリップの正体はこれだったんですね!

さらに、クリップ部分を下にすると自立するので、すくう部分がテーブルなどにつかないのも良い。

 

次にコーヒーメーカーを

 


パーツは左から時計回りに給湯サーバー、本体、ドリッパー、に分けられます。

ドリッパーにコーヒーミルで挽いたコーヒーを付属のスプーンで入れます。
本体をドリッパーにカチッとセットします。

ドリッパーは繰り返し洗って使えるステンレスフィルター。

コーヒーメーカーはコーヒーミルのように機械の馬力を必要としないからか、とっても軽いです!
本体をドリッパーにセットするときに力をほとんど使わないので、
老若男女問わず扱いやすいなと思いました。

給湯サーバーを本体の上にセットしてスイッチをONに。
すると、セットしたサーバーがゆっくりくるくる回りだしました。

か、かわいい!
小さいもの好きにはたまらないかもしれません。

なぜ回転するかと言うと、可愛く見せるためではなく・・・
ハンドドリップを再現しているからなんです。

さて、そこに給湯ラインまで沸かしたてのお湯を注ぎ蓋をします。

お湯が点滴のようにゆっくり、ぽたぽた、一定の速度を保って回りながら
ドリップをしていきます。
これは速度を保つことで味を均一にするためなのだそう。納得ですね。

そして、コーヒーミル同様に自動で停止してくれます。これは本当に嬉しい。

もう、自動で淹れてくれて自動で止まってくれるのでその間に他の事も出来てしまうのに、
かわいい姿を最後まで見届けてしまいました・・・
こんなに小さいのに賢くてしっかりと仕事をしてくれる。
そしてなぜか私は癒やされ、応援してしまいました。

給湯サーバーのお湯の容量が150mlなので180mlのカップに対しては少し量が少なめですね。


湯量が多いほうが良いという方はこちらの「oceanrich Plus+」を。
湯量が250mlに増量されたものです。

「oceanrich Plus+」の記事はこちら

 

飲んでみました

今回は、コーヒーミルの5段階の1・3・5のメモリで挽いた豆をコーヒーメーカーで淹れてみました。
メモリ3のみ、浅煎り、中煎り、深煎りの3種類で淹れてみました。

メモリ1(浅煎り)
さっぱりとした甘みと酸味が程よいと感じました。スタッフにも飲んでもらったところ、渋みがなく飲みやすいという声も。粉が細かいので少しザラザラするかな。ペーパーフィルターやエスプレッソマシンではないので基本的に細かい挽目のコーヒーを淹れるにはこちらのステンレスドリッパーは合っていないかもという意見になりました!

メモリ3(浅煎り)
少し雑味が出てしまったけど、全体的に味のバランスが良い気がしました。スタッフからは甘みが出てきた気がするという声も。バランスは良いけど味が全体的に薄いので、豆の量を増やしても良いかもという意見になりました!

メモリ3(中煎り)
全体的に薄く感じる気しましたとスタッフの声。浅煎りのときよりも全体的に薄くなってしまって特長が薄れている気がするという声も。中煎りの場合はもう少し挽目を細かくしたり、粉を多くしても良いのかも!

メモリ3(深煎り)
一番味がちょうどよく味が出ていて、薄くは感じなかった。後味少し苦い気もするなど意見が別れました。
このコーヒーメーカーにはメモリ3で指定の湯量の場合は、深煎りが一番合うかも知れないというのが一番多い感想でした!

メモリ5(浅煎り)
甘みが出ていて、嫌な後味が無くまろやかで飲みやすい。
スタッフと意見一致で浅煎りは一番粗目の5の目盛りが合うかも知れないという感想になりました!

 

製品の特長上、コーヒーをスプーンで測るという点と、同じお湯の温度で同じ速度を保ってコーヒーを淹れるという点を守って飲み比べをした結果です。

豆の重さの違いや、粉の粗さと焼き具合によっても味のバラつきが出るので、
自分の好きな挽目と焼き具合の豆さえ見つけてしまえば、
いつ挽いていつ淹れても同じクオリティで同じ味を簡単に楽しめるのが最高な商品だと思いました!

気になった点

コーヒーミルの本体をセラミック歯ユニットに取り付ける時、結構力が無いと回らないので握力が弱い女性やお年寄りには少し扱いにくいかも知れない。
私は手がカサカサで握力が強い方では無いため、結構苦戦してしまいました。

それと、個人的な好みではあるけどステンレスフィルターなので微粉が入ってしまうのが気になるところ。
それくらいかな?

ギフトボックスは黒一色でマットなデザインでとてもクール。
頂いたコーヒーメーカーの色はレッドですが、その他にブラックとホワイトもあります!

ギフトとしてももちろんですが、コーヒー入門やおうちカフェデビューしたい方、
あまり物を増やしたくないミニマリストの方にも、
このセットさえあれば手軽に場所を取らず、どこででも美味しいコーヒーが楽しめそうです。

【「oceanrich Gift」】
http://www.uniqstyle.co.jp/news/release/20200127.html

この記事を書いた人

MIKU FUKAZAWA

コーヒーに片想いしています。いつか近しい関係になれますように。