【レポート】コーヒーグッズ・スイーツ好き必見!CLAXON CoffeeRoasters + Kalitaのコラボイベント!

【レポート】コーヒーグッズ・スイーツ好き必見!CLAXON CoffeeRoasters + Kalitaのコラボイベント!

EVENT 2019.02.20

2月2日に行われた、福住のカフェ、CLAXON CoffeeRoasters(クラクション コーヒーロースターズ)とコーヒー器具メーカー、Kalita(カリタ)コラボイベント
店内に様々なコーヒーグッズが並び、イベント限定のコーヒーやスイーツを楽しむことができました。
今回はそんなコーヒー好きにはたまらないイベントのレポートをお届けします!

レア物色々!Kalitaのグッズ販売

CLAXON CoffeeRoasters(クラクション コーヒーロースターズ)とKalita(カリタ)のコラボイベント展示されているカリタ製品の数々!
イベントにはカリタのスタッフさんがいらして、それぞれの製品のこだわりや使い方について丁寧に教えてくれました。
また、気に入ったグッズはその場で購入することもできました!   CLAXON CoffeeRoasters(クラクション コーヒーロースターズ)とKalita(カリタ)のコラボイベント器具を実際に見たり触ったりすることで、重さやサイズ感を確かめられるのが嬉しい。
製品ラインナップは、他店ではあまり見れないレア物が多かったように感じましたよ!   キュービックミル 正面 キュービックミルのハンドル新製品のキュービックミルも展示。
専用に製造されたハンドルの回し心地と質感がとっても良い!   様々な材質のメジャーカップホーローやステンレス製の材質が異なるメジャーカップがたくさん!
重さや触り心地にそれぞれ特徴があり面白かったです。   カリタのマグカップと手ぬぐいが並んでいる カリタのコースターカリタのグッズやロゴをあしらった可愛らしいマグカップや手ぬぐい、コースターは特に人気だった印象
今回購入させていただいた口当たりが良く容量たっぷりのマグカップは特にお気に入りです!

コーヒー・スイーツ好き必見の限定メニュー

CLAXON CoffeeRoasters(クラクション コーヒーロースターズ)とKalita(カリタ)のコラボイベント限定のコーヒー豆イベント限定のコーヒー、つばめブレンドニカラグアダークロースト
ちなみにつばめブレンドはカリタのグッズシリーズ『Made in TSUBAME』にちなんだ名前とのことです!   CLAXON CoffeeRoasters(クラクション コーヒーロースターズ)とKalita(カリタ)のコラボイベント限定のスイーツメニュースイーツの限定メニューは2つ。
今回はコーヒーシナモンロールとつばめブレンドをセットでオーダーしました!   カリタ ネクストGオーダーしたコーヒー豆は、カリタのグラインダーネクストGで挽いてもらえました!
静電除去装置により、コーヒーの粉が周りに飛び散らずまっすぐコップに入っている・・・すごい・・・!   カリタ 銅製ウェーブドリッパードリップには『Made in TSUBAME』の銅製ドリッパーを使用!かっこいい!   CLAXON CoffeeRoasters(クラクション コーヒーロースターズ)とKalita(カリタ)のコラボイベントの限定メニュー提供していただいたシナモンロールとコーヒーがこちら。
外はサクサク、中はフワフワ!なシナモンロールとコスタリカ・ホンジュラス・エチオピアをブレンドしたとっても飲みやすいブレンドコーヒーの組み合わせは抜群!

CLAXON CoffeeRoasters(クラクション コーヒーロースターズ)とKalita(カリタ)のコラボイベント パネル器具を実際に見たり触ったりすることができ、メーカーの方から使い方や魅力を教えていただくこともできた今回のコラボイベント!
他にも、ハッシュタグをつけてSNSにイベントの写真を投稿することでプレゼントがもらえる嬉しい企画も行っていました。
コーヒーグッズやスイーツ好きにはたまらないイベント!今から次回、4月の開催が待ち遠しいです!

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/commono/coffee-otaku.com/public_html/wp-content/themes/coffee_otaku/parts/feature-part-links.php on line 7
>

CLAXON CoffeeRoasters

CLAXON CoffeeRoasters
VIEW MORE

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。