ブレンド?ストレート?アメリカン?コーヒーのメニューをまとめてみた

COLUMN 2018.05.07

カフェのメニューに出てくる「ブレンド」「ストレート」「アメリカン」の文字。
どんなコーヒーなんだろう?と考えるけれど、結局いつもと同じものを頼んでしまう。そんな経験をしたことがあると思います。
それでももちろんいいのですが、折角なのでメニューへの理解を深めて、よりコーヒーを楽しんでみませんか?
というわけで今日は、コーヒーショプのメニューについてご説明していきたいと思います。
今度コーヒーを飲みに行った時の参考になれば幸いです。

ブレンド今昔物語

ブレンドとは複数の種類のコーヒー豆を混ぜたコーヒーです。
かつて、一種類のコーヒー豆だけでそのまま美味しく飲めるものは少数でした。
良質な豆の流通が少なかったため、安価なものは品質にムラがあり、味が安定しない。一方高価なものは品質は安定しているが、気軽にコーヒーを楽しみたい人には手が出ない。
そこで、複数の豆を組み合わせ、安定した味わいで、なおかつ手軽な価格で飲めるように作られたコーヒー、それがかつてのブレンドの考え方でした。
いつも味が安定して美味しく、手軽な価格で飲めるブレンドは、初めて行ったお店でも、
とりあえずブレンドと言えば間違いない、というカフェの定番メニューとしての地位を確立しました。
現在は良質な豆が沢山流通するようになり、一種類の豆でも美味しいものを手軽な価格で楽しめるようになりました。
なので、現在は、ブレンドの考え方も変わってきました。
今までの定番ブレンドに加え、特徴的な香りを持つコーヒー豆を複数組み合わせてさらに素晴らしい香りを実現したブレンド、季節やイベントの名前を冠してその雰囲気を表現したブレンド、等々いろんなブレンドが登場しました。
ブレンドにはお店の味作りの哲学が詰まっていると言っても過言ではありません。
ブレンドが気に入れば、お店の他のコーヒーにもどんどん挑戦してもいいですね!

産地の個性が光る!ストレートコーヒー

ストレートはコーヒー豆をブレンドせずに、一種類のコーヒー豆のみで作られたコーヒーです。シングルと呼ぶお店もあります。
メニューには「コロンビア」や「キリマンジャロ」等、国名や地名で銘柄が書いてあることが多いです。
ブレンドは複数の豆でできているのでそれぞれの豆の個性を感じることは難しいですが、ストレートは単一産地の豆なので、個性や特徴を感じ取ることが出来ます。
また、ストレートは同じ銘柄を他のお店でも取り扱っていることがあるので、例えばあるお店で飲んだ「コロンビア」が美味しいと思ったら、今度は別のお店でも「コロンビア」を飲んでみる。そうすれば同じ銘柄でも、最初のお店の方が美味しそうな香りが出ていたな、でも次のお店の方がコクがあったな、と、同じ銘柄でも店毎にコーヒーの味作りが微妙に違うことを感じることができます。

今までストレートコーヒーの名前の多くは国や地域でした。
それはコーヒー豆がどこで作られたか追跡できる限界の場所の名前だったとも言えます。
しかし、2000年代になり、コーヒー豆がどこで作られたのかはより細かくわかるようになりました。そのコーヒーをシングルオリジンと言います。
シングルオリジンの定義はお店によって異なりますが、その多くは生産している農園までたどることが出来ます。
農園まで細かく分かることで、風味の細かい違いや個性を楽しむことができ、同じ国の豆でも農園毎に味が違う、ということを体験できます。
ただ、従来のストレートが「コロンビア」というシンプルな銘柄名だったのに対し、シングルオリジンは「コロンビア△△農園」「コロンビア◯◯農園」等、同じ国でも複数の銘柄があるので選ぶのが大変です。
バリエーションが増えて選ぶ楽しさが増えた分、複雑に感じてしまうコーヒーの銘柄。わからない時は店員さんに聞いて、自分好みのコーヒーを探してみてはいかがでしょうか。

普通のコーヒーが苦手な人でも飲めるアメリカンコーヒー

アメリカンコーヒーというとなんとなく薄くてさっと飲めるコーヒーというイメージがありますよね。アメリカンコーヒーは浅煎りのコーヒー豆を粗挽きで抽出したコーヒー。軽やかな味わいで酸味がさっぱりしていて苦味がほとんどないので一般的なコーヒーと比べると味の印象が薄く感じます。
ですが、サラリとして飲みやすいので濃いコーヒーが苦手という人にはオススメです。
薄いコーヒー=アメリカンコーヒーという印象が先行し、お店によってはコーヒー豆の量を少なめにして薄く抽出したものをアメリカンコーヒーと呼ぶこともあれば、普通に淹れたコーヒーにお湯を足してみたコーヒーをアメリカンコーヒーと呼ぶこともあり、定義がけっこう曖昧です。
また、名前がよく似ているアメリカーノというコーヒーもありますが、これはエスプレッソにお湯を注いで作った別物なので注意が必要です。
ちなみにアメリカン・コーヒーは和製英語で、海外では通じないので注意が必要です。

これを見て今度カフェに行った際にいつもと違うメニューに挑戦していただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
皆さんがコーヒーを楽しんでくださることを願っています。

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。