ボトルの携行性が格段にアップ!リバーズから『ボトルハーネス アイビープラス』が新登場!

ボトルの携行性が格段にアップ!リバーズから『ボトルハーネス アイビープラス』が新登場!

COFFEE NEWS 2019.12.20

機能性・デザイン性ともにクオリティーが高いドリンクウェアを展開しているRIVERS(リバーズ)からボトルハーネス アイビープラスが登場しています。

今回の製品はドリンクホルダー。
ボトルをリュックに取り付けて固定したり、テーブルのイスにぶら下げて使えるようにする製品です!

ちなみにボトルハーネス アイビープラスは今まで発売されていたアイビーボトルハーネスのニューモデル。
従来製品を使用している人の声を集め、より良いものへと進化させた製品になっているとのこと!

今回はそんなリバーズのボトルハーネス アイビープラスを紹介していきます。

ボトルハーネス アイビープラス、クオリティーアップした2つのポイント

『ボトルハーネス アイビープラス』イメージ1ニューモデルとなった今回の製品に新しく付属したのが面ファスナーというパーツ。

 

『ボトルハーネス アイビープラス』イメージ2面ファスナーが付いたことで装着感が格段に向上!
これによりバックパック等に付けた時のボトルの揺れがぐっと抑えられたそうです、
リュックで通勤・通学をしている人にとって非常に嬉しいポイントではないでしょうか。

 

『ボトルハーネス アイビープラス』を自転車に着けたイメージ個人的には上の画像のように、自転車に付けた時のフィット感が良くなっているのが嬉しいです!

 

『ボトルハーネス アイビープラス』を着けたステンレスボトル面ファスナーの追加に加え進化したのが、サイズ変更による対応ボトルの増加
従来製品の対応ボトル最大経が70ミリだったのがニューモデルは74ミリとなっています!

 

『ボトルハーネス アイビープラス』を着けたステンレスボトルとボトルこれにより、先日ご紹介したスタウト(500mlと700mlのモデル)・スタウトエア550ステムといったボトルやステンレスボトルに新たに対応しました。

活躍するシチュエーション

『ボトルハーネス アイビープラス』をチェアに着けた様子ボトルハーネス アイビープラスがあることで一番恩恵をうけるのはやはりアウトドアシーンだと思います。
例えばカップホルダーがないキャンプチェアにボトルをぶら下げてみたり。

 

『ボトルハーネス アイビープラス』をガスボンベに着けた様子ガスボンベやスピーカーをぶら下げてみたりなど。
活躍するシチュエーションは数知れず!

 

『ボトルハーネス アイビープラス』をハンドルとして使用ボトルハーネス アイビープラスはボトルを持ち運ぶ際のハンドルとしても便利なので、バッグを持たずにボトルだけ持って歩くようなシーンでも活躍しそうです!

4つのカラーバリエーション

『ボトルハーネス アイビープラス』カラーバリエーション製品のカラーバリエーションはオレンジ・グレー・オリーブ・ブラックの4種類

アウトドアシーンならオレンジやオリーブといった個性的なカラーを使用してみたいですが、
普段オフィスにボトルを持っていくような場合は控えめなグレーやブラックが適していそうです。

これからの季節はホットコーヒーを入れたステンレスボトルを、
そして温かい季節にはアイスコーヒーを入れたボトルを持ち運ぶのに便利な製品。

そんなボトルハーネス アイビープラスはリバーズのオンラインストアにて発売中なので、ぜひチェックしてみてください!

 

【RIVERS(リバーズ)オンラインストア】
https://rivers.stores.jp/

【RIVERS(リバーズ)ボトルハーネス アイビープラス 公式紹介ページ(画像出典)】
http://www.rivers.co.jp/blog/2019/12/19/post-5825/

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/commono/coffee-otaku.com/public_html/wp-content/themes/coffee_otaku/parts/feature-part-links.php on line 7
>

記事に登場したリバーズのボトルはこちら

バリエーション数なんと15種類!リバーズからステンレスボトル『バキュームフラスク スタウト』登場!
VIEW MORE
使い方無限大!リバーズ新製品『スタウトエア』は圧倒的汎用性のボトル!
VIEW MORE
ハイサーモファンクション搭載!リバーズの新型ボトルが超軽量なのに保温力が高すぎる!
VIEW MORE

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。