COJICA COFFEE

SHOP 2018.06.12

地下鉄南北線北24条駅から6分。住宅街を歩いていくと、真っ白な外観のカフェ、COJICA COFFEEが見えてきます。

カフェに入ると、小さくまとまりながらも奥行きがあり、洗練された空間が広がります。
入り口すぐ横のカウンターでコーヒーやフードを注文し、カウンター近くのベンチや、奥にある客席で楽しむことができます。

店内を見回しながら進んでいくと、「salon cojica」という現代アート作品が展示されたスペースがあります。
これは、COJICA COFFEEが、アートギャラリーであるsalon cojicaに併設したカフェだからなのです。

今回はそんなCOJICA COFFEEの佐々木恒平さんにお話を伺っていきます。

INTERVIEW have a talk

コーヒー業界に入ったきっかけを教えてください。

元々コーヒーを飲むことが好きでした。ある時、札幌中心部にあるギャラリー内にカフェスペースをつくることを知り、
応募しました。そこで働き始めたのがコーヒー業界に入ったきっかけです。

カフェを開いた理由を教えてください。

2年間働いていたギャラリー内のカフェが移転することになり、約1年の準備期間がありました。
その期間、他のコーヒー店で働きながらバリスタとしての基本的な技術と知識を身に着けました。
移転するにあたり、ニューヨークにあるスモールカフェのような、気楽にコーヒーを楽しめ自由に過ごせる
カフェをしたいと思い、2014年にコーヒースタンド形式のお店をオープンしました。

カフェのコンセプトを教えてください。

メインコンセプトは【気軽に上質なコーヒーを楽しんでほしい】です。
当店では上質で美味しいコーヒーであるスペシャルティコーヒーを鮮度が良い状態で提供しています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

お店のPRをお願いします。

ギャラリストが選定した美術作品が展示されているので、視覚的にも楽しんでもらえるコーヒースタンドです。
コーヒー豆は国内のロースターから仕入れた旬のスペシャルティコーヒーを使用し、季節のドリンクにも力を入れています。
店内で焼き上げた手作りの焼き菓子とコーヒーのペアリングもおすすめです。

あなたにとって珈琲とは?

僕にとってコーヒーは日常です。1年中ほぼ毎日コーヒーを淹れ、休みの日も欠かさずコーヒーを淹れます。
また、コーヒーは飲むことで気持ちを日常から非日常へと切り替えられるアイテムでもあると思います。

気軽に立ち寄って美味しいコーヒーを楽しむことができるCOJICA COFFEE。
コーヒー豆は固定のロースターから仕入れたものだけでなく、佐々木さんが気になったものや旬のものを仕入れているので
行くたびに様々なものを楽しめます。

COJICA COFFEEのバリスタとして活躍する佐々木さんは作曲家でもあり、他にも様々な場所で活躍されています。
お話を伺うと、コーヒーへの情熱や、音楽のことなどたくさんのことを聞かせてもらえます。

美味しいコーヒーやアート、そして佐々木さんのお話を楽しみたい方はぜひ足を運んでみてください。

RECOMMEND SHOP

おすすめ珈琲店

Chocolate & Espresso SATURDAYS Stand

Chocolate & Espresso SATURDAYS Stand / source: https://www.facebook.com/pg/SaturdaysStand/photos/?tab=album&album_id=212855219460123

RECOMMEND MUSIC

珈琲を飲むときにおすすめの曲

INFORMATION

店舗名 COJICA COFFEE(コジカ コーヒー)
住所 札幌市北区北23条西8丁目3-33 coneco bld. 1F
TEL/MAIL 011-700-0702
WEB Facebook Instagram Twitter
営業時間 11:00~19:00
定休日 日曜日・月曜日
エリア 札幌市北区
豆の販売 あり

MAP

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。