Cafe Tocoche

SHOP 2018.07.12

地下鉄東豊線学園前駅から歩くこと約7分、Cafe Tococheがあります。
東西線菊水駅から歩いても10分ほどで到着する地下鉄のアクセスがいいお店です。

ドアの横に書かれた『Cup of happy coffee』の文字にワクワクしながら、ドアを開くと、まるでヨーロッパのカフェのようなオシャレな空間が広がります。
エジソンランプのほのかな灯りと窓から陽の光が差し込む心地よい店内はゆっくりコーヒーや食事を楽しむのにうってつけ。
店内のアンティーク家具や雑貨、流れるBGMなどからオーナーのお店づくりへのこだわりが感じられ、それらを見たり・聞いたり
しているだけでも充実した時間を過ごすことができます。

今回はそんなCafe Tococheオーナーの村上未来さんにお話を伺っていきます。

INTERVIEW have a talk

コーヒー業界に入ったきっかけを教えてください。

大学時代を函館で過ごしながら、コーヒーを知りました。
その頃、写真や音楽も趣味で、自分の写真や好きな音楽をかけれれる空間を作りたいなと考えていました。
大学が理系の大学だったので、卒業後はシステムエンジニアとして就職しました。
システムエンジニアとして働きながら資金を集め、40歳くらいになったら函館でカフェを開きたいなと思っていました。
ですが、人と接する仕事をしたい、コーヒーのことを勉強したいと思い、すぐにシステムエンジニアの仕事を辞めて、コーヒーチェーン店で働き始めました。 店舗を移動しながら、そのお店で計6年間働き、その間に結婚して札幌に来ました。
そして、コーヒー豆の販売や焙煎などを勉強したいと思い、今まで働いていたお店を辞め、札幌のコーヒー店2店舗を掛け持ちして働きました。

カフェを開いた理由を教えてください。

大学生の時、自分で作った空間を目的にお客様が来てくれる、カフェはなんて素晴らしい場所なんだという風に思いました。
元々はもっと年齢を重ねてからカフェを開こうと思っていましたが、 札幌のコーヒー店で働きながら、職人さんをはじめとした様々な方とお知り合いになる機会があり、店づくりのつながりができたことで、元々考えていたより早くカフェを開きました。
最初は一人で小さなコーヒー屋さんをやろうと思っていたのですが、夫が料理好きで すごく勉強熱心なので、一緒にカフェをすることになりました。

カフェのコンセプトを教えてください。

コンセプトは『外国感・異国情緒溢れる店内』です。
フランスやイタリアにあるような、街中よりもちょっと外れにある異国感のあるカフェを目指しています。

私は来て頂くお客様に毎回ワクワク感を与えたいなと考えておりまして、コーヒー豆はスイーツに合うものを、シングルオリジン3種類を含めた6種類ご用意し、それぞれがどんなスイーツに合うかご提案させていただいています。
リピーターさんはスイーツを選んでからこれに合うコーヒーをお願いしますみたいな感じで注文してくださる方が多いです。
いつも新しい発見があり、お客さんを飽きさせないようなお店にしていきたいと思っています。

コーヒー豆は私が一度飲んで面白いと思ったり気に入ったものを仕入れて、しばらく経ったらまた新しいコーヒー豆を入れて、という風にして、皆さんに面白い発見を伝えることを心がけています。
食事のメニューも毎週異なるので、同じのが食べたいなと思ったときには食べられないこともあるのですが、来店するたびにまた新たな発見をしていただきたいなと思っています。

お店のPRをお願いします。

老若男女、どなたにでもお店を使っていただきたいと思っています。
お一人でゆっくりしたり、お友達を連れて会話を楽しみに来たり。テイクアウトだけで使うこともできますし、ご飯を食べたいっていう日もあればデザートを食べたいって日もあると思うんですよね。
それぞれのお客様にそれぞれの使い方をしていただける、ライフスタイルに寄り添ったお店にしていきたいなと思っています。
一番力を入れているメニューはプリンです。
3年半くらい研究したコーヒーに合うようなプリンで、お店の顔でもある深煎りのブレンド「ケツァール」とすごく合うなと思っています。初めていらっしゃるお客様はまずケツァールとプリンを楽しんで頂きたいなと思います。

あなたにとって珈琲とは?

コーヒーは音楽に似ていると思います。
音楽って時間や気分によって聞きたいものが違いますよね。朝昼晩聞くものが違うのは当たり前で、気分によっても色々と変えられる。それにコーヒーは似ているなって思っています。
合わせて食べるものでも変えられるし、いろんなシチュエーションで楽しめる。 知識が増えれば選択肢が広がり、どんどん暮らしが豊かになるツール。 コーヒーは生活の一部、いや暮らしの中の一部です。

異国情緒漂う空間で良質なコーヒーと食事を楽しめるお店。

まるで海外のカフェのような食事のメニューはご主人がほぼ独学で作り上げたもの。
異国風のカフェをコンセプトに常に研究し続けるメニューは週変わりで変わるので、訪れるたびに様々な料理を楽しむことができます。

コーヒー豆は鮮度にこだわり、手回し焙煎機で少量ずつ焙煎。
あまり気を張らずに飲んでほしいとマグカップにたっぷり注がれたコーヒーは、丁寧にハンドドリップされたもの。
どのスイーツに合うか伺って、コーヒーとスイーツのペアリングも楽しんでみてください。

RECOMMEND SHOP

おすすめ珈琲店

<a href=時計のない喫茶店">

時計のない喫茶店 / source: https://www.facebook.com/%E6%99%82%E8%A8%88%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E5%96%AB%E8%8C%B6%E5%BA%97-869138149908597/

RECOMMEND MUSIC

珈琲を飲むときにおすすめの曲

INFORMATION

店舗名 Cafe Tocoche
住所 札幌市豊平区豊平3条7丁目2-1 エクセレントハウス 1F
TEL/MAIL 011-838-7305
WEB Facebook Instagram
営業時間 火曜〜土曜日 12:00~21:00
日曜日    12:00~18:00
定休日 月曜日、他不定休
エリア 札幌市豊平区
豆の販売 あり

MAP

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。