Little Fort Coffee

SHOP 2018.05.29

地下鉄東西線東札幌駅近く。
車の通りは少ないけれど人通りは意外と多い、そんな通りを歩いていくと
木製の看板と白い外壁が目印のカフェ、Little Fort Coffeeがあります。

ドアを開けると落ちついた空間が広がり、店主の橋本さんが笑顔で迎えてくださいます。
あまり大きくないカフェですが、可愛らしいランプや、ずっしりしているけれど、どこか温かみのあるテーブルが
カフェを居心地のいい空間へと彩り、落ちついてコーヒーを飲むことができます。

今回はLittle Fort Coffee 店主の橋本澄人さんにお話を伺います。

INTERVIEW have a talk

コーヒー業界に入ったきっかけを教えてください。

学生の頃、語学留学で約1年間滞在したカナダはカフェ文化が盛んな国で、とても楽しかったです。
その思い出もあって、帰国後はカフェでアルバイトをしました。
カフェで働きながら、コーヒーを提供してお客様に喜んでいただくことの楽しさを知りました。
その後、ワーキングホリデーで再度カナダに行き、カフェで働いたり、様々なカフェを巡り、
どんどんコーヒーにはまっていきました。

カフェを開いた理由を教えてください。

日本に帰ってきてから、いくつかのカフェで働きながらコーヒーの知識や抽出・焙煎の技術を身につけました。
働く中で、自分で焙煎から抽出まで行い自分が美味しいと思うコーヒーを作りたい、それをお客さんと共有したいと思いはじめ、自分のカフェを開きました。

カフェのコンセプトを教えてください。

味作りのコンセプトは「毎日飲みたいコーヒー」
酸味、苦味、甘みがバランスよく調和していて、毎日飲んでも飲み飽きないような味つくりを意識しています。

Little Fortとは、直訳すると「小さい砦」ですが、
こどもがダンボールで作るような秘密基地のこともLittle Fortと言います。
小さいけれど落ち着く自分の場所。
落ち着くけれどわくわくする楽しい場所。
そんな場所を目指しています。

お店のPRをお願いします。

地域に根づき、地域の人にふらっと立ち寄って頂けるようなカフェを目指しています。
カフェだけでなく、自宅でも美味しいコーヒーを楽しんでいただけるように、定期的にコーヒー教室を開いています。
コーヒー豆は、ペーパードリップ・フレンチプレス・エスプレッソのどの淹れ方にも合うブレンドが特におすすめです。
お客様にブレンドのバランスの良さと美味しさを知っていただけたら嬉しいです。
他にも色々な味を楽しんでいただけるように、季節限定メニューや、その時々限定のコーヒー豆をご用意しています。

あなたにとって珈琲とは?

僕にとってコーヒーは特別なものではなく、日常にあるものであってほしいと思います。
毎朝自分で淹れたコーヒーを飲むのが一日のエネルギー源になっています。
コーヒーを飲まないと一日が始まらないですね。

毎日飲みたいコーヒーを目指し、丁寧に焙煎や抽出を行うLittle Fort Coffee。
抽出方法はハンドドリップとフレンチプレスから選べ、カフェラテやカプチーノなどのエスプレッソ系ドリンクも充実しています。
フードは手作りケーキなどを楽しめます。
カフェではコーヒー豆の販売もしていて、値段はすべて一律。コーヒー豆を値段で選んでほしくないから一律価格にしているとのことです。
Little Fort Coffeeでいただくコーヒーは極端な苦味や酸味が抑えられた味わいで、バランスが良く、とても飲みやすいです。
コーヒーが大好きという人だけでなく、コーヒーってなんか苦手だなという人にも行っていただきたいカフェです。

RECOMMEND SHOP

おすすめ珈琲店

Café RANBAN

Café RANBAN / source: https://www.facebook.com/Caf%C3%A9-RANBAN-1681547138728189/

暮らしと珈琲 みちみち種や

暮らしと珈琲 みちみち種や / source: http://taneya.info/?page_id=2

RECOMMEND MUSIC

珈琲を飲むときにおすすめの曲

SHOP'S BEANS

Little Fort Coffeeさんのコーヒー

INFORMATION

店舗名 Little Fort Coffee(リトルフォートコーヒー)
住所 札幌市白石区東札幌2条3丁目4-3
TEL/MAIL 011-799-4150 / littlefortcoffee@gmail.com
WEB WEB Facebook Instagram
営業時間 12:00~18:30 (18:00ラストオーダー)
定休日 水曜日、第2・第4火曜日
焙煎機 DIEDRICH IR-3 半熱風式
エリア 札幌市白石区
豆の販売 あり

MAP

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。