Coffee Shop Marley

SHOP 2018.10.09

すすきの中心部、独特な雰囲気のお店が立ち並ぶ一角にCoffee Shop Marley(コーヒーショップ マーレイ)はあります。

ドアを開けると外の喧騒とは切り離されたような落ち着きのある空間。
ダークブラウンの木材が使用されたカウンターとテーブル、落ち着きのある光量の照明など
全体的に暗めの要素が散りばめられながらも、店内は温かみのある居心地の良い雰囲気。
カウンター席に座れば、壁一面に並べられたアンティークのカップと店員さんが丁寧にコーヒーを淹れる所作を
ゆっくり眺めることができます。

本日はそんなCoffee Shop Marleyの代表、成田 学さんにお話を伺っていきます。

INTERVIEW have a talk

コーヒー業界に入ったきっかけを教えてください。

バーテンダーなど、お酒を扱う仕事をしていて、飲食業界には長く勤めていました。 自分のお店をやろうと考えた時に自分がお酒のことしか知らないなと気づき、 コーヒーも身につければ強いかなという思いから、札幌のカフェで働きはじめたのがきっかけです。 それからどっぷりコーヒーにはまりました。

カフェを開いた理由を教えてください。

独立するまでの3年半くらいカフェで働きながら、焙煎やドリップなどの奥深さにだんだん惹かれ、 コーヒーには自分が年をとってもずっと追求していける面白さがあるなと感じました。 商売的な面で言っても、コーヒーはしっかりとやっていけば、安定した商売になり、人生をかけて長くできるなというのもありました。

カフェのコンセプトを教えてください。

すすきのという地域の中で、ゆっくりくつろげるような、 お客さんのクロスポイントになるような場所としてやっていけたらなと思います。 一服したり、待ち合わせをしたり、町で飲んだ後の締めに立ち寄ったり。 地域に密着して、自家焙煎とハンドドリップで真剣に淹れたコーヒーを提供したいと思います。

お店のPRをお願いします。

世界中から厳選して選んだ良質な生豆を使用してコーヒーを提供しています。 淹れ方は豆やローストによって違い、ネルやペーパーにとらわれず、その豆に合わせた方法で淹れています。 展示会等にも積極的に行きどんどん新しくて良いものは取り入れていこうと思います。 枠にとらわずに、良いものを追求していきたいですね。

あなたにとって珈琲とは?

人や商売など、色々なものをつなげてくれるものだと思います。 コーヒーがあることで、生きていくことが面白くなっていると思います。 これがあるからお金を稼ぐことができているし、人との出会いもある。 今ではコーヒー業界以外にも繋がりができているのがすごく面白いです。 コーヒーと他のものを掛け合わせることで、無限に可能性が広がりますね。

Coffee Shop Marley(コーヒーショップ マーレイ)の特長の一つは営業時間。
昼過ぎの15時にオープンしたお店は翌日の3時まで営業しています。
仕事の合間に一服したいという人から、食後の人、お酒の後のコーヒーを求めて来る人まで
様々な人達が落ち着いた空間を求め、遅くまで営業しているマーレイに訪れます。

マーレイが真剣にコーヒーへの向き合う姿勢は焙煎や抽出の随所に見られます。
販売も行われているコーヒー豆は店内の焙煎機で丁寧に焙煎されたもの。
抽出は豆や焙煎度合いに合わせて器具や抽出温度などを変え、使用するネルはお手製のものを使用するというこだわり。

豊富なコーヒーの種類に迷ってしまったら成田さんやスタッフさんに聞けば、優しく好みのコーヒーの相談に
乗っていただけます。

上質なコーヒーを楽しめるすすきののクロスポイント。
大人のカフェで、落ちついた空間とコーヒーにどっぷりと浸かってみてください。

RECOMMEND SHOP

おすすめ珈琲店

豆香洞コーヒー

豆香洞コーヒー / source: http://tokado-coffee.shop-pro.jp///

一般社団法人 日本ハンドドリップ協会

一般社団法人 日本ハンドドリップ協会 / source: http://japanhanddripassociation.jp/

RECOMMEND MUSIC

珈琲を飲むときにおすすめの曲

SHOP'S BEANS

Coffee Shop Marleyさんのコーヒー

INFORMATION

店舗名 Coffee Shop Marley(コーヒーショップ マーレイ)
住所 札幌市中央区南5条西5丁目10ー4
TEL/MAIL 011-532-2339
WEB WEB Facebook Instagram
営業時間 15:00~3:00
定休日 無休
焙煎機 東京産機工業 TG-2
エリア 札幌市中央区
豆の販売 あり

MAP

この記事を書いた人

SHO KONISHI

記事を通して、皆さんがコーヒーを楽しむお手伝いができればなと思っています。